キャリアプランのためのエンジニアの転職

エンジニアにとっては、転職によるキャリアプランを考えることは大事です。業界の構造として、業務は専門化するためになかなかスキルアップができないと嘆く人は多いものです。それでも長く会社に留まることにはリスクが発生します。新しい技術が次々に投入されて、それに適応した若い世代が新たな戦力として会社に投入されます。ある程度年齢を重ねたところで転職を考えても、そのような中堅技術者の求人はあまり見当たらないものです。そこで早い段階でのキャリアプランの立案が大事なのです。技術者として長く続けるためには、常に新しい技術を果敢に取り込むことが大事ですし、場合によれば独立することにもなります。あるいは培った経験を活かして管理職に進む道もあります。

技術者は次々と新たな戦力が投入されますが、管理職は人材不足が深刻です。プログラミングスキルに優れた人材は多くいるものの、高いビジネススキルを持ったリーダーやマネージャーは少ないものです。キャリアプランのひとつとしてそれらのポジションを狙うのならば、転職を上手く利用して経験を積み重ねてスキル磨きを行うことが有効です。異なる職場で様々な課題を見つけ出し、組織運用のためのノウハウを身につけていくわけです。あるいは独立を目指すならば、複数の職場でクライアントとのコネクションを作っておくことも役に立ちます。いずれにしても、自分の将来像を明確にして人口の少ないニッチなポジションを狙うことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です